スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あつ(くるし)い

2010.06.01(14:48)

潜入したらパ○ドラなんちゃらの頃見かけてた対人スキー(のはず)のスピリットとタイマン。
面白かった。

1かいめ
相手ヘルペイン型。闇で空中戦。かなりの長期戦だったけど、じりじり削られたところでフィア→壁ハメを受けて死亡。

2かいめ
闇の入り口付近を走ってたら、上空で滑空する姿を発見。着地後、相手バックドラフト(かマジコン)こっちカースだったので先手を取り、そのまま壁に詰めきって勝ち。

3かいめ
闇で空中戦。フィアも入れて詰めきったと思ったら、フィア中のデトネーションが(食らっていたヘバタイトシャックルのおかげで)詠唱が長大化していて、詠唱終了前にフィア持続終了→回避をされてしまう。すんごい切なかった。

4かいめ
闇で空中戦。3段リスト成立。マジックブロックしようとしたらカースで弾き飛ばされる→戻ってきてもう一度マジブロ→相手もソウルスクリームを詠唱するも、1secと2.5secではモーション差を考えても間に合うはずもなく。

他にも数度遭遇してるけど、途中で横槍入ったり最初から複数いたりで、きちんと奇襲でもない「タイマン」になったのはこの4回だけだと思う。多分。

でも昨日は死にまくった。複数いるのわかってるのに突っ込んで死亡、が多すぎた。
タイマンでも上記のスピの他に、普通にソードに押し倒されたりボウに射殺されたりしてたけども。
一等だから相手から「うめー」されるので、もっと相手の数を考えて行動した方が良いのではないかと思われます。

とはいえ見てて思ったのは、やはり(抵抗装備や命中装備での)ヘルペインルートの火力不足。
チャンスに決定打が撃てない。
特に1回目はかなり相手優勢で進めていたのに、なかなかトドメをさせなかった模様。
1回目はこっちも相手も抵抗装備だったので、お互いにレジが出て詰め切れなかったのもあるだろうけど。
一方で3回目かな、相手のヘバタイトでかなり煮え湯を飲まされた。詠唱長くてトドメのつもりのデトネーションが避けられた時は、リアルで「あぁああぁぁぁ」って言いそうになった。
ただしヘルペインルートではボディリストレインを取れるので、防御面でのアドバンテージはかなり大きい。また、精霊を完全に使い捨てにできるので、挙動不審に悩まされる事も少ない。
一長一短。

恐らく増幅・Pv補正ともに充実していれば、ヘルペインルートでも精霊ルートとあまり遜色ない破壊力を出す事は可能ではある。問題は増幅を上げると抵抗・命中がガタガタになるということ。これを解決できれば、増幅特化もアリだと思う(増幅2000くらいあれば、以前の記事の1.5倍~の威力になるので十分な火力)。
つまり1.9においてのリムーブショック・合成・覚醒スクロールの登場で、増幅ヘルペインルートでもいける・・・と思うんだけど・・・無詠唱スキルも多いので、覚醒より勇気の方が良いかもしれない。やっぱり使ってみないとわかんない。
まぁ、精霊にPv補正が乗らないks仕様なので、アビス武器と合成すれば間違いなくブーストルートよりヘルペインルートの方が「強化率」は高くなる。命中石を埋め込めば対抵抗型にも魔法が通り易くなるだろうし、武器に余裕があれば非抵抗型相手には増幅特化品を用意するのも良い。
1.9ではデトネーションやサクリファイスの威力も下がっちゃうので、ブーストルートでの爆発力も激減。
とすると、やはりヘルペインルートも攻撃力的に「アリ」になってくる。
問題はヘルペインの対人dmg弱体化という意味不明な仕様。あれがなければ増幅ヘルペインは相当なもの。

うーん、抵抗用・増幅用・命中用できっちり装備を入れ替えできれば良い(SC増えるからマクロも入れやすい)んだろうけど・・・着替えがなー。同一装備だとマクロがきちんと作動してくれないのがなー・・・。
コメント
3種類のセット装備で問題解決だと思うのね

増幅:30EL
抵抗:40EL
命中:50EL

アヌは出ません。
ディーヴァは光りません。
【2010/06/01 18:21】 | じぇろ #- | [edit]
おかねといぶつがありません。
あぬとでぃーばはとしでんせつだってききました。
【2010/06/02 06:05】 | ぼー #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanzokusan.blog77.fc2.com/tb.php/106-de847014
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。